仕事術や転職を中心にした情報を発信していきます。人生を楽しむためのアウトプットブログです。

カズログ

仕事

転職うまくいかない20代の特徴!【3度はチャレンジしよう】

投稿日:

何社受けても落とされてしまう人は自分の何が悪いのか、ダメなのかをを理解していますか?

自分のことを理解していない人は何社受けても落ちてしまいます。

それではいつになっても転職活動が終わりません。

今回は20代で転職がうまくいかない人とうまくいく人の特徴や、転職がうまくいかない人が知らないことをご紹介します。

転職がうまくいかない人の特徴

理想が高すぎる

  • 完全土日休みが良い
  • 月収○○以上が良い
  • 自宅から車で10分以内が良い

などという高い理想を持っているのが特徴です。

もちろん理想を高く持つことは悪いことではないのですが、理想が高すぎると実際に理想通りの転職先が見つかり、面接をしてもらうことになっても薄っぺらい考えややる気の伝わらない言葉しか発せられないのです。

資格持ちが有利だと思い込んでいる

  • 資格のある方歓迎
  • 資格があると尚可
  • 資格保有者優先

などと書かれていることがあります。

  • 私は資格を持っているから受かる
  • 俺は資格も持っていて、実務経験もあるから受かる

などと思い込んでいるのが特徴です。

資格を持っているからといって必ずしも受かるというものではないのですが、転職が上手くいかない人は大体資格持ちが有利だと勘違いをして履歴書の記入や面接を少し怠ったりします。

転職がうまくいく人の特徴

転職する理由がハッキリしている

転職がうまくいく人は、

  • ○○をしたいから転職をした
  • ○○をするために転職をした

などという転職理由がハッキリとしています。

ちなみに、転職が上手くいく人は今まで勤めていた会社への不満での転職や、自分に合わなかったという転職理由ではありません。

今後の自分のために転職していることが多いことから転職理由と今後の未来予想図がハッキリしているのが特徴です。

妥協できる点がある

転職がうまくいく人は1つ以上妥協することができるのが特徴です。

例えばお給料は良いけれど、理想よりも自宅から少し離れた会社だった場合「お給料が良いし通勤時間は諦めよう!」などと妥協することができます。

こうしたことからスムーズに転職先への就職が決まります。

見転職がうまくいかない人が知らないこと

転職をする場合、実は受かりやすい時期というのがあります。

中途採用、いわゆる転職で受かりやすいのは1月と2月です。

なぜなら4月に退職する人が出る時期であったり、10月~12月の間に退職する人が出る時期だからです。

10月~12月に退職した人の代わりとしてや、4月に退職する人の代わりとして4月には1人前の状態で仕事をしてほしいという会社側の考えで1月と2月は特に求人が多く受かりやすかったりします。

反対に4月と10月は入社や中途採用で1年の中で最も求職者または入職者が増える時期とされています。

そのため4月と10月の転職はライバル者が多いことから落ちやすいです。

転職をうまくいかせたいのであれば1月と2月が最も転職に適している時期でしょう。

知らないと損する20代の転職事情

年代によって転職の難しさは異なります。

ですが転職がうまくいかない人はこうしたことを知らない人が半数以上います。

まずは20代です。

20代は最も転職が成功する確率が高いとされています。

なぜなら20代は社会に出て働き始めてからそれほど年月が経っていないことから実績がなくても受け入れてくれる会社が多いのです。

また、20代の転職では仕事に対する情熱やポテンシャルを重要視されやすいです。

簡単に言えば「会社側にやる気さえ伝われば受かる」ということです。

そして20代でまだ若いということもあって将来的に会社を支える存在になってほしいと思う会社が多いです。

ちなみに20代前半での転職の場合、新卒から3年以内の方であれば第二新卒として転職活動を行うことができます。

そうなると転職できる会社が非常に増えますよね。

一方20代後半はキャリアアップ転職を狙うことができます。

どういうことかと言うと、「将来を見据えた時に前の職場よりもお給料が高い会社が良い」「上級職に就きたい」という考えでも通用する年代です。

学校卒業後に1つの会社で5年以上勤めていれば、「頼りになりそう」「将来的に使える人になりそう」と思われ、面接に受かりやすくなったりします。

転職がうまくいかない人もあきらめてはいけない-まとめ

転職がうまくいかない人は自信過剰もしくは極度のネガティブ、段取りが悪いのも特徴と言えます。

転職で成功したいのであれば身だしなみの清潔さやハキハキとした口調はもちろん、転職への考えややる気を面接官に伝えることが大切です。

  • 今回も失敗した
  • 何がダメなんだろう?
  • ゃんとできているはずなのに!

などと思いながら特に何もせず次から次へと転職活動をしてもただ落ちるだけです。

3度目の正直ということわざがあるように、3度目までには転職を成功させる努力をすることが大切です。

-仕事
-, ,

Copyright© カズログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.