仕事術や転職を中心にした情報を発信していきます。人生を楽しむためのアウトプットブログです。

カズログ

仕事

会社の辞め方は簡単!すぐ辞められる退職代行が話題なのは理由があります

更新日:

会社の辞め方に悩む人は多いです。

実際のところ意外と簡単に会社は辞めることができます。

退職代行サービスなどが成立するのは退職する側の自由が認められていて、会社側が過剰に要求を行った場合は違法になる場合もあるからです。

意志さえ固ければ辞めること自体に問題はなく、むしろいつ会社を辞めるかという調整が重要になってきます。

会社の辞め方が簡単なのは会社側が人の権利を侵害できないから

会社の辞め方で多くの人が悩むのが、自分が辞めた後の職場の心配です。

辞めたことによって生じる損失などを想定して不安に思いがちです。

自分が責任を求められるのではと不安になる場合もあります。

重要になるのが雇用契約の内容と雇用者側の権利です。

一般的な雇用契約では1ヶ月前に退職の意思を示せば会社を辞められることが明記されています。

不当に長い退職までの準備期間を書いてしまうと、逆に訴えられる場合や契約の無効を争う裁判などに発展する恐れがあるのがポイントです。

雇用主と雇用される側の権利は対等なものであることが前提で、雇用主側が一方的に有利になる契約は法律上無効になる場合があるのです。

辞めたい人間の権利が保証されているのもポイントで、無理に拘束しようとした場合は会社側の違法性が問われる可能性もあります。

会社側は雇用条件を良くすることなどを条件に引止めができますが、脅すような態度をとることは許されないのです。

損害賠償といった話も本来は会社側で管理する問題になるため、労働者個人に求められないのが一般的なのです。

退職代行などが成立するのは会社の辞め方がわからない人が多いため

会社の辞め方は退職願を出し、退職の意思を提示して一定期間働けば受理されることになります。

会社側都合での受け取り拒否はできません。

仮に拒否されても内容証明などで送って証拠を残せば事実を客観的に残すことができます。

提出後に雇用契約の定める労働期間を働けば会社を辞めることができるのです。

有給休暇がたまっている場合は有給申請を行い、残りの期間で有給を消化する方法もあります。

会社側は労働者側の有給申請を拒否することができません。

有給は労働基準法で定められた権利であり、理由を問わずに行使が可能です。

社内で働き続けるのであれば、人間関係を丸くおさめるために有給の理由が必要になる場合がありますが、本来は理由の申告自体が不要なものです。

拒否をした場合は労働基準監督署に訴えることもできます。

退職代行のように他人が退職を代行するサービスが誕生したのは、会社の辞め方自体を知らない人が多いためです。

退職代行サービスは必要な手続きの書類の送り方を教え、送った後の対応を引き受けてくれることが一般的になります。

それ以上のことはしないのが基本で、法律上の規定を満たせば会社側に不満があっても問題なく辞めることができるのです。

知らないからこそ不安になりがちなのがポイントで、自分で辞めるとはっきり告げて辞められる人がいる理由にもなっています。

退職代行はあくまで必要な手続きの整理と、万が一の担当者からの連絡のストッパーになってくれるだけなのです。

会社がブラックだから辞めることが心配な場合に考えたいこと

法律上の権利が守られているといっても、会社がブラックであったり上司が常識知らずノ場合は辞めること自体に躊躇を覚える場合があります。

身の危険を感じる場合や、損害賠償などを求められるようなケースもありえるからです。

やはり重要になるのが会社がブラックであろうと、法律は守らなければならない点です。

身の危険を感じるようなことがあれば労働基準監督署に頼ることもできます。

命に関わるような脅迫があれば、警察や弁護士に相談するといった選択肢もでてきます。

辞めたくても辞められない状態が続いても未来がプラスにならないにも注意が必要です。

どの道縁を切った方が良いのは変わらないため、いかに味方を作って辞めるかが大切になります。

辞め方は一人で考える必要はなく、人に手伝って貰って考えることもできるのです。

どうしても話したくない場合は内容証明をうまく使う

会社に辞める意志を伝え退職願いを出しても受理されない場合や、どうしても上司などと話したくない場合は内容証明を利用することも大切です。

内容証明は郵便局で手続きができる書類の郵送方法で、書類の内容を記録して貰うことができます。

内容証明を利用すれば、郵便局に退職願いを出したという記録が残ります。

受け取ったという履歴も確認できるのが特徴で、会社側は退職願いの存在をなかったことにできなくなるのです。

有給がたまっている場合は一緒に有給を使う旨を伝えれば会社側は拒否できません。

有給の申請書類が必要な場合も郵送して貰って手続きをするなど、折衷案が取れます。

会社側が一方的にイニシアティブを取れるものではないのです。

有給が足りない場合などは内容証明を送った上で、残りの期間を働いて過ごすこともできます。

会社側が退職願いを出されたことを理由に差別的な行動をした場合は労働基準監督署に届け出て是正を促すといったことも可能です。

もちろん、体調が悪いことを理由に病欠を続けるなど、ムダな衝突を避ける方法もあります。

会社の辞め方は会社都合に左右されないため、自分の意志で決めて問題が無いのです。

会社の辞め方は簡単です!すぐに辞めたいなら退職代行を使おう-まとめ

会社の辞め方は一つではなく、対面での手続きが怖いと思う場合は郵送などで書類を送ってしまう方法もあります。

必ず会社に出向く必要はなく、代行サービスなども存在するためうまく利用するとストレスが減らせます。

法律上の知識を持つことも大切で、自分が辞める権利を持っていると知ることが自衛に繋がるのです。

-仕事
-, ,

Copyright© カズログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.