仕事術や転職を中心にした情報を発信していきます。人生を楽しむためのアウトプットブログです。

カズログ

仕事

20代の転職は資格いらずでメリットがたくさん!【早く決断する】

更新日:

大学や専門学校などを卒業し晴れて正社員として働くことになった会社。

社会人生活を送る中で、「こんなはずではなかった…」「自分がやりたかった仕事とは違う…」と悩んでしまう人は少なくありません。

そこで検討する必要があるのが転職です。しかし、20代で転職と聞くと「早すぎるのでは?」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際、20代で転職を考え、そして、実行する人は多く、その結果、成功している人が多いのも事実です。

そこで、今回、20代の転職事情についてお話しさせていただきます。

20代での転職は資格や実績がなくても大丈夫!

新卒の場合、学歴や学生時代の経験などが決め手となり採用の有無が決まることとなります。

一方、転職の場合は、スキルや経験、資格や実績などをもとに審査が行われます。

30代・40代となるとある程度の実績やスキルがなければ転職を成功させることが難しくなります。

年齢が上がれば上がるほど、転職先の企業は即戦力を求める傾向があります。

実績やスキルがない人材を中途採用で取ることはまずありません。

多くの実績やスキルを持ち、30代・40代での転職を成功させる人も少なくありません。

非常に狭き門の中、ほかの人に勝る実績やスキルを持った一握りの人になってしまいます。

一方、20代での転職の場合、転職先の企業は20代の若者に実績やスキルを期待することはありません。

どちらかといえば、仕事に対する「情熱」や「ポテンシャル」などが重要視する傾向があります。

目に見えないスキルがない人でも頑張りしだいで転職を成功させやすいと言えるのではないでしょうか。

他の業種に転職したい場合は20代がおすすめ!

他の業種への転職を希望するのなら、是非、20代のうちに行ってください。

同業種への転職の場合、今までの実績やスキルを生かし30代・40代でも転職を成功させることは可能です。

他の業種への転職の場合、今までの実績やスキルなど一切通用しません。

そんな通用しない実績やスキルよりも柔軟性がある若さを売りにし転職活動を行う方が効果を出すことができるのです。

もともと、希望した業種ではなかった人や入ってみて自分に合っていないと感じた場合は、早いうちに決断することで、異業種への転職を成功させることが可能になります。

20代での転職なら第二新卒枠に応募可能!

一般的に新卒から3年以内の人を差す第二新卒者というものをご存知でしょうか。

非常に短い期間限定の人を差し、優位に転職を進めることが可能となります。

少し前なら、こんなに早く仕事を変わろうとする人など使い物にならない!といったイメージを持った人が多くいました。

今では、そのような考え方は古い考え方と言われ、第二新卒者のメリットを上手に活用しようとする流れができています。

第二新卒者を雇用する企業のメリットとしては、ビジネスマナーを一から教える手間を省くことができるという点です。

一般的に新卒者は実際の仕事を始める前に名刺の受け渡しや電話の受け方など基本的なビジネスマナーを学びます。

実のところ、これには企業が負担する費用も多く、また、費やす時間も多くなってしまいます。

ビジネスマナーを終えた第二新卒者を雇用すれば、コストカットを行うことができ、すぐに実践的な仕事を教えることが可能となります。

第二新卒者という若い人の場合、柔軟性が高く、すぐに転職先の人間関係にも馴染むことができる場合が多くなります。

30代・40代の転職者の場合、今までの仕事方法を捨てきれず、新しい転職先に馴染むまでに時間がかかる人は少なくありません。

そう言った点から、第二新卒者を積極的に雇用する企業は多くなっています。

20代転職者の弱点はカバーすることが可能!

もちろん、メリットばかりではない20代での転職。

弱点としては、やはり、すぐに辞めてしまう人間だと思われてしまうことです。

そう相手に思われないためにも、面接時には意欲・熱意を示すことが重要です。

そのためには、求人内容をよく確認し、企業が求める人物像をしっかり把握する必要があります。

そのうえで、自分をアピールすることで、弱点であるやる気や根気のなさといったイメージを払拭することが可能になります。

20代の転職は資格がいらなくメリットが多いです-まとめ

以上が20代で転職を行うメリットとなります。

20代での転職は30代・40代に比べメリットが多い時期でもあります。

もし、転職を考えるなら早めの決断をおすすめします。

20代での転職の場合、ビジネスマナーさえマスターしておけば、あとは若さでカバーすることが可能です。

新卒採用とは違う点は、このビジネスマナーを取得しているかどうかという点となります。

そのため、面接の際にはビジネスマナーを心掛け、少しでも良い評価を得ることができるよう努力することをおすすめします。

-仕事
-,

Copyright© カズログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.