仕事術や転職を中心にした情報を発信していきます。人生を楽しむためのアウトプットブログです。

カズログ

仕事

仕事辞めるタイミングは?ボーナス直後がおススメの理由を解説!

投稿日:

会社を辞めたいけれど、辞めるタイミングを計ることが難しく先延ばしになってしまっている人。

会社を辞める決意は固まっているものの、いつ、手続きを行えばいいのかタイミングをつかむことができない人などに一言。

「会社を辞めるタイミングは自分で作らなければいけません。そのため、まずは順を追って動き出してください。そうすることで、スムーズに会社を辞める手続きを行うことは可能です。」

そこで、今回、会社を辞める順についてご説明させて頂きます。

会社を辞めるタイミングはボーナス直後がおすすめ!

会社を辞めるタイミングとしてベストな時期は、ボーナス直後です。

ボーナスというものは、半期で出る場合、その間の仕事への報酬となります。

もらって当然の報酬です。

ボーナスをもらって、そのまま辞めてしまうことに気が引ける人もいるかもしれませんが、そんなことは一切気にする必要はありません。

もらえるものはしっかりともらって辞めるべきです。

その際、可能であれば、ボーナスの査定が決定してから退職手続きを進めることをおすすめします。

そうすることで、会社を辞めるからと言ってボーナスの査定にひびくことを避けることが可能となります。

会社を辞めるタイミングはまず直属の上司に伝えること!

直属の上司とは、一般的に課長です。もし、大きな課などで係長にいつもお世話になっているようなら、まずは係長から伝えます。

  • 直属の上司が課長になるのか?
  • 係長になるのか?

は、それぞれの職場の環境に異なります。

誰に伝えるか決めた後は、その人と2人きりで話すことができる環境を設定する必要があります。

直属の上司を呼び出す必要がありますが、その際、デスク脇で「お時間ありますか?」などと聞いてしまうと周りの社員に怪しまれる可能性があります。

できるだけ上司が一人の時間に伝えるようにします。

例えば、出勤が早い上司の場合は、出勤時に。

喫煙ルームなどでもタイピングを図り、時間を作ってほしい旨を伝えます。

直接、アポを取ることが難しい場合は、電話やメールなどでも構いません。

アポを取るだけなので、そう堅苦しく考える必要はありません。

タイミングが整えば、はっきり会社を辞める意思を伝えることが大切!

上司にアポを取り、2人きりになることができれば、タイミングなど関係なく、あとは、はっきりと会社を辞める意思を伝えることが大切です。

世間話などを始めてしまうと切り出すタイミングを失ってしまうかもしれません。

そこで、すぐに「お時間頂きありがとうございます。」と挨拶を済ませた後、「今回、お時間を頂いたのは私の個人的な事なのですが会社を退職させてもらおうと思っています」と明確に会社を辞める意思を伝えます。

その際、決して、強い言葉で「辞める。」と言い切ることなく「辞めさせて頂きたいと思っている。」といった形で話すことがポイントです。

少しでも円満退社を望むなら、強く言い切らないように注意が必要です。

その後、上司は「なぜ辞めるのか?」「いつ、辞めるのか?」などの質問を行うかと思われます。

そうした質問にも的確に答えることができるよう、事前に答えを準備しておくと安心です。

 

会社を辞める前はタイミングを計りつつ手続きの確認を進めること!

会社を辞めるタイミングを計っている間に行うことができるのは、様々な手続きの確認です。

勤務している会社は、

  • いつまでの退職届を提出する必要があるのか?
  • 退職金の計算はどのようになっているのか?
  • 有休がどの程度残っているのか?
  • 保険料の支払いはどうなっているのか?

など確認すべきことはたくさんあります。

少しずつでも確認しておくと安心です。

例えば、有給休暇の場合、残っている日数を確認することで、退職日の設定が決めやすくなります。

保険料に日割りはありません。

月末に属するところに1ヶ月分を支払うシステムとなっています。

月末の1日前に退職したとすることで、退職月の健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料の支払いが不要になります。

人によって支払額が異なるものの、数万円程度になることがほとんどです。

少しでも無駄なお金をカットし会社を辞めたいと思う際は、こういったことにも注意し会社を辞めるタイミングを計ることが大切です。

まとめ

以上が会社を辞めるタイミングについてとなります。

何と言っても上司に一言伝えることから始めなければいけません。

もしかすると、それが一番難しいことかもしれません。

言い換えれば、その一番難しいことをはじめにクリアさえすれば、あとは手続き上の問題のみとなります。

そうなれば、言われたとおりに手続きを行うだけで進めることが可能です。

「立つ鳥跡を濁さず」です。

そのため、十分な引継ぎを行い会社を辞めるタイミングを計る必要があります。

-仕事
-,

Copyright© カズログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.