仕事術や転職を中心にした情報を発信していきます。人生を楽しむためのアウトプットブログです。

カズログ

仕事

会社のいじめ対策を無視したら危険!【職場を改善しよう】

投稿日:

会社で勤めている方、勤めた経験のある人も、仕事をしていく上でいじめ現場を目撃したり、その被害にあったりしたこともあるかと思います。

社会問題でも取り上げられている、いじめ問題は会社とかの組織でも密かに行われていいます。

公に明かされることが多くなってきたので。これから更に色々な企業や事業所に捜査のメスが入ることは確かなことでしょう。

会社でのいじめを無くすためにも、会社全体が動いていかなければいけません。。

会社のいじめパターンを解説

会社でいじめが起きている場合は、どういったところであるのかというと、

  • 上司同士
  • 部下同士
  • 上司と部下同士

というパターンもあったりします。

いじめのエスカレート差は出てきますが、一番あってはいけないので暴力及び被害者に対してなんらかの障害を追わせてしまうものです。

刑事事件となってしまいます。

会社全体にダメージを負うことになるので、避けなくてはいけないものです。

いじめが発覚した場合は、厳しい罰をくらうことも視野に入れておく必要があります。

会社内でいじめを起こさせないためにも、上の人達がしっかりとしていかないといけません。

いじめを起こすと、取り返しのつかないことを幅広い年齢層の人達に知らせないといけないわけです。

会社全体がしっかりと、いじめ問題とかにも力を入れていかないといけませんね。

パワハラやモラハラもいじめになります

今も社会問題となっている会社内でのモラハラやパワハラがあります。

ひどい場合はいじめの対象となります。

加害者の方は厳しい罰を受けなくてはいけなくなるので、パワハラとかモラハラとかの問題もしっかりと対処していく必要があるのです。

会社でいじめとが発覚して不祥事が起きた場合は、会社で上部の位にいる人達とか中堅ぐらいのところにいる人達は、しっかりと把握しておかないといけませんね。

会社内でいじめをはじめ、パワハラとかモラハラを起こさせないためにも、上の人達が率先して部下とかの相談にのったり、悩みを聞いてあげたりするのも大切なことです。

部下に対して厳しくしすぎているなと感じている場合は、短所とかをしっかりと改善していくようにしてください。

あなたも加害者の1人として認識されてしまった場合は、不祥事が発覚した時に取り返しのつかないことになります。

人生が一気に転落するということは覚えておいてくださいね。

会社内でいじめの被害にあった場合の対処方法

会社内とかでいじめを目撃したり、いじめの被害にあった場合はどうしたら良いのかを説明します。

会社とかには相談できる場所が設置されていると思います。

専門スタッフに相談するのが良いです。

相談できる部門がある場合は法律関係に詳しい人とか色々な資格を所持している専門家がいたりするので、助けを求めるというのは大切なことですね。

会社内のいじめに強い弁護士とか司法書士の方にプライベートで相談にいって、アドバイスや提案を受けるのもおススメです。

法律や法務に詳しい弁護士とか司法書士を頼ることによって、会社内のいじめを徹底して調べてくれます。

捜査のメスを入れて会社内のいじめを動かしている黒幕をつきとめ、法律を駆使して徹底的に追い込んでくれるので頼りになる存在ですね。

いじめの被害にあっている場合は友人や知人に相談するのも大事です

会社内でいじめの被害にあっている場合は、プライベートとかで仲良くしている友人とか知人にヘルプを求めるのも有効な方法です。

法律に詳しい人がいるのであればなおよしですね。

外部の人達の手を借りて、いじめの証拠を保管してもらいましょう。

万が一証拠集めをしていることがいじめをしているメンバーからばれても、バックアップがあったりするので集めてきた証拠を友人や知人たちにお願いして、とっておいてもらうことができます。

いじめは証拠が揃っていれば、確実に事がおきたということを実証できるので大きな武器となります。

いじめをしていたメンバーや黒幕に対しても大打撃を与えることができます。

証拠はしっかりとっておくようにしましょう。

友人や知人を便り、集めてきた証拠とかのバックアップをとっておいてもらうのが一番良いでしょう。

友人や知人に頼るといいましたが、信頼・信用できる人のみを頼ってくさいね。

まとめ

会社内のいじめは学校とかのようないじめと同様に長引けば長引くほどエスカレートとしていきます。

挙句の果てにいは傷害事件とかも起きたりする可能性も極めて高いです。

日常からしっかりと目を光らせつつ、会社内でいじめがないように対策をとっていく必要があるわけです。

会社内のいじめを撲滅していく運動をとったりする企業や事業所も多くなってきている傾向にあります。

対策が不十分なところは、今からでも遅くありません。

対策を厳しくしていきましょう。

もう一度いいますが、会社内のいじめとかが発覚して公にばれた場合はほんとに取り返しのつかないことになります。

会社内のいじめはゼロにしていくべきですね。

-仕事
-, ,

Copyright© カズログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.