仕事術や転職を中心にした情報を発信していきます。人生を楽しむためのアウトプットブログです。

カズログ

ドラマ・映画

スターウォーズの時系列!見る順番のおすすめを解説します!

投稿日:

SF映画の大作、スター・ウォーズ。見たことがない人はいたとしても、名前を聞いたことがないという人はほとんどいないでしょう。

それほどの知名度を持った作品です。

現在で、スピンオフも合わせると10作品近くも公開されています。

実は、公開順と 作品の時系列には、違いがあることをご存知でしょうか。

今回は、スター・ウォーズの公開順と時系列の違いについて解説していきます。

スターウォーズの時系列!初公開作品は時系列で考えると4番目

まず、スター・ウォーズを知らない人が驚くと思われるのが、1977年に公開されたスター・ウォーズ1作目は、「エピソード4」であり、時系列で言うと4番目に当たるということです。

その後、1作目の公開から3年後に「エピソード5」が、さらにその3年後に「エピソード6」と続いていきます。

これらの3作品は、旧3部作と呼ばれています。

「エピソード6」の公開からから16年後の1999年、ここでようやく「エピソード1」が公開されます。

3年後には「エピソード2」、また3年後に「エピソード3」も公開されました。

これらの作品は、新3部作と呼ばれます。

旧3部作と新3部作を合わせて、時系列で言うところの1から6までが揃った形になりました。

ですが、ストーリーはまだ続きます。

「エピソード3」の公開から、今度は10年の時をまたぎ、2015年に「エピソード7」が公開されました。

ここからは、これまでの3年のスパンより短くなり、2年ごとに作品が公開されていきます。

2017年には「エピソード8」が公開され、そして2019年には、「エピソード9」が公開される予定です。

これらは、新章・続3部作と呼ばれます。

第1作目の公開から42年、およそ半世紀近く続く超大作映画です。ちなみに、なぜエピソード4という全体の時系列の途中から公開し始めたのかというと、エピソード4が、冒険活劇として1番完成度が高く、いわゆる「売れる」作品であると考えられたからだそうです。

壮大な構想を練っていたとしても、商業として成功を収めることが出来なければ、シリーズを続けることはできません。

賢明な判断であったのかもしれませんね。

スターウォーズの時系列は公開順で見ればいいの?

スター・ウォーズは、公開された順番と、ストーリーの時系列の順番に違いがあることがわかりました。

これからスター・ウォーズを見始める人は、どの順番で見ればよいのでしょうか。

実はこれは人によって判断が分かれるところなんです。

シリーズを全て追ってきたファンの方々の間でも、この論争はしばしば行われており、そして結論は出ていません。

どちらにも、メリットとデメリットがあるからです。

次からの項目では、公開順と時系列順、それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。

スターウォーズを公開された順番で見るメリットとデメリット

公開された順番で見る場合のメリットとしては、やはり映像の進化を楽しむことができるところが挙げられます。

スター・ウォーズシリーズは、先程も書いたとおり、半世紀近くも続くシリーズです。

1作目と最近の作品では、戦闘のスピード感などが違います。

変化を楽しむことができるのは、公開された順番で見た場合だけでしょう。

反対に、デメリットとしては、ストーリーを掴みにくいことでしょうか。

公開された順番だと、エピソード4、5、6と続いた後に、1に戻ってしまいます。

1から3まで見たら今度は、エピソード7になるなど、話が前後してしまい、今一、全容を把握しきれないかもしれません。

ただし、このデメリットに関しては、旧3部作と新3部作を、間を空けずに一気見することで、解消できる可能性もあります。

逆に、間を空けてしまうと、頭を整理するのが大変なので、記憶が新しい内に、一気に見てしまった方がよいでしょう。

スターウォーズを時系列の順番で見るメリットとデメリット

次に時系列の順番で見た場合のメリットとデメリットです。

メリットとしては、ストーリーが分かりやすくなることでしょう。

キャラクターの成長などを、初めから見ることができるため、話の内容が頭に入ってきやすいです。

作品で起こった出来事なども、整理しやすいでしょう。

反対に、デメリットとしては、エピソード3から4に入るときに、映像が古くなってしまうことです。

古い作品でも、当時としては素晴らしいものでしたが、エピソード4が公開されたのは、エピソード3の、およそ30年前です。

戦闘のスピード感などは、どうしても劣ってしまいますよね。

先程、公開順で見た場合のメリットが、こちらではデメリットになってしまうことになります。

映像の新旧を我慢することが出来れば、ストーリーは頭に入りやすいため、映像の新しさ、古さが特に気にならないという方は、こちらがおすすめですね。

スターウォーズのスピンオフの時系列はどこに入るのか

最後に、スピンオフの時系列も紹介しておきます。スピンオフ作品は2つあり、1つは「ローグ・ワン」、もう1つが「ハン・ソロ」です。

公開された順番で言うと、「ローグ・ワン」は、続・新章3部作の最初の作品である「エピソード7」の後、「ハン・ソロ」は、「エピソード8」の後になります。つまり、年代で言うと新し目の作品です。

一方で、時系列で言うと、「ローグ・ワン」は、「エピソード4」の前、「ハン・ソロ」はエピソード3の後ということになります。

公開順に並べると、エピソード4から5、6、1、2、3、7、ローグ・ワン、8、ハン・ソロとなります。

時系列順で並べると、エピソード1から、2、3、ハン・ソロ、ローグ・ワン、4、5、6、7、8となるわけです。

時系列順の方が、スッキリとしていて、見安い印象も受けますね。

スターウォーズはの時系列を解説しました-まとめ

今回は、スター・ウォーズの公開された順番と、時系列の違いについて、解説してきました。

スターウォーズの時系列を解説しました-まとめ

ストーリーの内容に触れずに書いたため、少々わかりにくいところもあったかもしれませんが、ネタバレを避けるためですので、ご了承ください。

スター・ウォーズは、公開順と、時系列順に違いがあり、どちらの順番で見ても楽しめますし、逆に見辛さを感じるポイントもあります。

どちらが良いかは人によって異なるため、今回紹介したそれぞれのメリットとデメリットを理解して、自分の好みの順番で楽しんでみてください。

スター・ウォーズシリーズは続いていくので、1度ハマれば、ずっと楽しみが続きますよ。

-ドラマ・映画
-,

Copyright© カズログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.