タピオカの原料を徹底解説!【キャッサバ芋とでんぷんの関係】

タピオカの原料であるキャッサバ芋についての記事になります。

キャッサバ芋実は有毒な毒素がありまして、それらを無害化させることで飲食物として使用しているのです。

この記事ではそのタピオカに使用されている原料について詳しく解説してみたいと思います。

タピオカの原料はキャッサバ芋

タピオカの原料ですが、タピオカの原料はキャッサバ芋という南米の植物になります。あのプルプルとした触感は、でんぷん質になりでんぷん質を丸めることで皆さんが知っているタピオカになります。

つまり、種などを食べているのではなくでんぷんを食べているのと、でんぷんは水には溶けないため丸めてしまうとスイーツの具材として使用することができるということです。

その為、タピオカを入れているドリンクなどにおいてはでんぷんが溶け出さす、そのまま固まった状態を維持しているためドリンクとして飲む際、タピオカも一緒に食べることができるのです。

でんぷん質を取る場所ですが以外にも根っこと茎からでんぷんを取ります。

という過去の部分からしか取れないのですがその理由については別枠にて説明します。

タピオカの原料は処理しなければ毒だった

実はタピオカにはシアン化合物という有毒な物質が本来であれば多く配合されています。

シアン化合物は青酸カリの仲間でごくわずかな量を取り込んだだけで中毒を起こし、死亡してしまう物質です。

シアン化合物、無毒化することが容易でして葉をを乾燥させることでその部分の毒を分解することができるため人間が食べられるように加工をして食べているのです。

この毒は根っこ部分と茎の部分しか中和することができないため根っこと茎から出るでんぷんを丸めたものをタピオカとして提供しているのです。

昔のタピオカは透明だったはずでは?

昔にもタピオカドリンクというものがありまして、当時のタピオカは透明でした。

これはどういうことかといいますと、当時のタピオカはでんぷんを丸めた状態までは同じでした。

ある問題があり透明であることを止めたのです。

それは丸めたタピオカが水分を含むことでバラバラになるという問題があり、とてもスイーツとして提供する場合、長時間お店に並べておくことができないという問題があったのです。

長時間並べた場合、でんぷんは溶けこそしないが丸めていた状態を維持することができずバラバラになってしまったため、とてもではないが、スイーツとして気軽に提供できるものではなかったのです。

そこで登場した方法が透明なタピオカをコーティングする方法です。

この態岡のコーティングにはカラメルが使用されていてカラメルの利点は溶けないことです。その為、タピオカの丸い形を維持するに適したコーティング法だったのです。

コーティングを施すことによって、長時間の保存が可能となり、パックにて販売できる状態になったため、気軽に自宅にてタピオカを楽しむことができたという訳です。

実は透明なタピオカもお湯で戻すことで透明なタピオカとしてデザートに使用できる状態で完走されたものがタピオカが登場した当時、売られていました。

この乾燥タピオカ、スーパーから消えてなくなることになります。

理由は単純でお湯で戻す際、タピオカに不純物が入り込んだり、熱湯を使用しなかったため、タピオカの乾燥物が消毒されなかったため、食中毒が起きる問題が続出したのです。

タピオカを丸める過程ででんぷんを丸めただけであるため周囲の雑菌に弱いという特性があったのです。

その為加熱して雑菌を処理する必要性が使用者側に課せられていたのですが、その注意書きを読まなかったのとタピオカを丸める過程が不衛生であったなどブームの影響もあり、衛生面に気を付けなかったことも要因であるとされていました。

透明なタピオカは姿を消してしまったのです。

コーティングした物であれば、加熱処理した物をそのまま使用することができるので飲食店としても再度加熱する必要が無いので衛生的で実用性があるため定着したタピオカが黒いタピオカになります。

昔は手作業で丸めていて問題があった

タピオカの原料となるでキャッサバ芋のでんぷんですが、実はこれは、昔は手作業にてでんぷんを丸めていました。

その過程で衛生的ではない環境下で作られることもあり透明なタピオカは食中毒が相次ぐ問題があったのです。

そこで生まれた手法が手作業ではなく、遠心力で丸めるという方法です。

これはでんぷんの粉を遠心力にかけることで内側へと追いやり内側に移動する過程で丸めるという手法です。

こうすることで大量生産が可能となり、衛生面が向上したおかげで、現在においては様々な所でタピオカが使用されているのです。

ただし、現在で回っているものの多くは黒タピオカでコーティングされているものが主であるため、結局の所コーティングしてから加熱した物を販売しているので加熱調理はされています。

タピオカの原料を解説!-まとめ

タピオカは結構古くからあり90年代のナタデココと同じくらいメジャーでした。

製造過程で問題があり食中毒が起きたことで販売が停止され再度販売されるに至った商品でもあります。

キャッサバ芋の毒性を抜いたものがタピオカとして食べることができ、現在においてはカラメルなどで黒くコーティングして加熱した物を販売していることから食中毒がなくなったとみてよいです。

逆にコーティングを施す方法を編み出さなければ、水分を含みバラバラになったでんぷんの塊を食べることとなり、現在のような姿をしている物でなかった可能性もあるのです。